AKBGに思うこと

アゲルもサゲルもファン次第。幅広い世代に愛されるグループ、愛される曲となるよう精進するのみ!

2013年の予言者 ゆいりー

まとめサイトのコメント欄は、アンチとヲタのバトルばかりでウンザリする事が多いのだが、たまたま目にした過去コメントが何か心に刺さったのでコピペ。

 

『ゆいりさんは間違いなく人気でるよ。私は今までいろんなメンバーを見てきたからね。一瞬で分かる。
だけど、現実的にAKB自体の価値が落ちてきている。
アイドル産業が儲かってこそ、メンバーにもうまみがあるよね。
私は勉強しないといけない。アイドル応援してる余裕はないよ。
だけど言えることはある。継続は力なり、常に謙虚な気持ち、勉強すること
この三つだ。この三つさえ心がければアイドルとしてはもちろんだが人としても人生上手くいくだろう。

継続は力なり。最初は小さくてもいいんだ。じぃわっと努力を重ねていくとある時沸騰点がきて急に伸びるときがある。
芽が出るまでは時間がかかる。途中嫌なこともあるかもしれない。しかし、ぶれずに継続してくのだ。
僕の人生が正しくそうだ。僕は頭が良い。だけど継続する力がなかった。だから、何一つ結果を出せなかった。
能力だけが成功を決めるのでない。根性も大事だ。根性は能力を勝る。継続に勝つものはない。

常に謙虚な気持ちを持つこと
人は上手くいけば、傲慢になり、今までよくしてもらった人のことを忘れる。そういう人は運を逃す。ファンの大多数は庶民だ。
売れても謙虚な気持ち。お客は神様の精神を持つこと。アイドルとはそういう仕事だ。

勉強すること
自分の能力を高める訓練をすることが大事だ。
2013年09月27日 16:54』

 

上記を2013年に書かれた方は、現在の村山彩希さんの活躍をどう思っていらっしゃるのだろうか。

圧倒的な出演回数でシアターの女神と呼ばれ、2016年のNHK紅白歌合戦では投票で見事30位にランクインし、紅白選抜として出場。

握手人気も上位で、早期に完売するメンバー

アイカブではとんでもない高値となり、何度も補正される程。そして、株主総会の開催第一号となった。

異彩を放つすごい活躍だと思うが、2013年の予言者は、もっと飛躍する事を知っているのかもしれない。

ゆうなぁ

なぁちゃん=岡田奈々さんとゆいりー=村山彩希さんの2人をゆうなぁとして尊ぶファンがいる。

 

2人ともストイックで真面目、誠実、仲間を大切にする。

そして、2人の『デレ』る表情にヤラレたヲタも多いだろう。

 

個人的な話で恐縮だが、2人を見ていると学生時代を思い出す。

同性を愛する女の子がいて、全く違う2パターンの恋愛?友情を目にして結構、考えさせられた。(誘われる側の女の子が自分の知人だったので)

 

1人は、完全なるスナイパー。狩人タイプで、同性愛に全く興味のない相手を強引に陥落させる人。狙った相手は絶対に落とす。でも、別に気になる人ができたら即、乗りかえ。。。モテる自信があり、人前でも強引にキスしちゃってた。これにはタマゲタ。

 

もう1人は、相手にも周囲にも好きである気持ちを隠さないけど、全く手を出さないタイプ。

これはどういう事かと言うと、その気がない相手に迷惑をかけるのが嫌!ってタイプ。嫌われる事よりも何よりも、大好きな相手を困らせたり、不幸にしたくないという人。

岡田奈々さんの振る舞いが、その人にそっくりなんですよね。゚(゚´Д`゚)゚。

一番大切な人!という想いを周囲にも隠さない。だから、みんなにデキテル!?とひやかされる。

 

でも、劇場公演のMCやshowroomとかでのゆいりーさんのリアクションでわかるように、一線を越えてない。むしろ、友達のノリでできちゃうフツーの事もしてない。

 

ゆいりーさんにとって、なぁちゃんはとっても大切な人、いわば親友。考え方も同じで気が合い、とても大切で傷つけたくない人でしょう。でも、いくら大好きな親友でも(奈々さんに限らず相手が誰であっても)一線を越えたいとは思わないから、キスなど相手が勘違い(進展)しちゃいそうな危険な行為は断固拒否。

 

先輩にゆうなぁの関係は怪しい!とツッコまれた劇場公演MCの際の表情で感じたのは(以下、私の勝手な解釈です→なぁちゃんが自分に真剣なのは理解してるし、大好きな親友だし、他の誰よりも仲良しでいて欲しいけど、進展するのは困るからグレーにしてるのに、そこを掘り下げないで下さいよ(T-T)ハッキリさせると、なぁちゃん落ち込んじゃうから。傷つけたくないのに。。。)参った〜!という笑顔。

苦笑とも違う、何とも言えない笑顔。

 

ゆいりーさんは本当に優しいんだと思う。そして、本当になぁちゃんの事を大切に想っているんだと思う。

そして、心から信頼していて、側で支えてあげたいと思っているんじゃないかな。

これからも誠実な、仲良しの2人の姿を沢山見たいものである。

アンチ

非常に残念な事に、AKBGのまとめ系サイトにはアンチのコメントが沢山ある。

厄介なのが『○○ヲタ』としてコメントして、実は○○のアンチのパターン。

例えば、指ヲタのフリをして渡辺麻友さんの誹謗中傷を書く人がいる。

つまりは、指原さんを大嫌いで、さっしーのイメージを悪くする為に、注目度の高いまゆゆを叩き、さっしー&ヲタを悪者に仕立て上げる行為。

 

さっしーは、他のメンバーへの悪口は、推しの評価を下げる、ヲタはやってはいけないとツイッターに度々書いている。

それを知らない人は、指ヲタではない。

 

○○ヲタに自分の推しを批判された!と鵜呑みにする純粋なファンがいない事を願う。

そもそも、推しの人気をあげる活動ではなく、嫌いなメンバーを蹴落とす行為が蔓延してるのが非常に残念である。

 

宮脇咲良の不協和音

感謝祭で宮脇咲良さんがHKTのランクインメンバーとともに不協和音を披露した事が話題になっている。

 

咲良ヲタは本人が欅ファンだというのを知ってるから違和感なかったと思う。

坂道AKBの時、TAKAHIRO氏の振付を踊れる事を喜んでいたし、難易度高いダンスを必死に練習し、その情熱に先輩から驚かれていた。

 

で、なぜ不協和音なのか?

心ない言葉で傷つけられる事に対しての『僕は嫌だ!』というメッセージであった模様。(咲良さんのツイッターをどう解釈するかは読み手次第だが。)

 

ここからは勝手な解釈、妄想なのだが。。。

心ない言葉・・・『HKT48オワコン』の風潮に対する『僕は嫌だ!!』だったのではないだろうか?

アンチはHKTはCD売上が低いと揶揄、NGT48に新公演?ホリプロ所属で個人仕事もあるおぎゆかさん、さっしーの後番組を任された中井りかさん‥‥全部NGTに持ってかれてる!?劣勢のHKT・・・

 

さっしー=LOVEに割く時間が増え、HKTメンバーはテレビ出演の機会も減り、正直、不安だろう。

 

もしかしたら、メンバー自身が『HKTもうダメかも』と諦めたり、限界を決めてしまっているかもしれない。

そんな、HKTオワコンの空気に『僕は嫌だ!!この空気を変えたい!諦めたくない!!』なのでは。

 

宮脇咲良は本当に、熱い人である。

HKTメンバーとステージに立ったのも、目立ちたいとか話題になりたいとは違う、熱いものがあると思う。

 

もう一度、心を一つにして、ガムシャラにNHK紅白出場を目指しても良いんじゃないかな。

簡単じゃない。でも、たった一つのきっかけで爆発することもある。

 

宮脇咲良さんのファンではないので、本人の意図はわからないけど、でも、あざとさだけじゃない、熱い魂を持った人なのは間違いない。

 

本当は、HKTは今がチャンス。

今まで『何か恵まれてるよね!?』みたいな空気があった。

ここから、メンバー自身の力でどんな未来を描いて行くのか、底力が試される。

宮脇咲良の努力は報われない

さくらたんと呼ばれるこの女性は、本当に損をしている。

誤解の多い、実にもったいない人だ。

 

宮脇咲良さんは努力と工夫の人。

努力でここまで下剋上を成し遂げてきたAKBGらしい人なのだが、『野心家』『あざとい』と思われてしまい、損をしている。

 

今では目立ち、アンチも多い存在になったけれど、当初は運営に『推され』ず、注目されていなかった。

劇場でさくらさんを『見つけた』のはファン。

総選挙でランクインさせ、押し上げたのもファン。

地道な努力で着実にファンを増やしてきた。

握手対応も良く、SNSも活用し、ファンを大切にしている。

 

3.11から1年後の劇場公演に対する熱い想いをつづった咲良さん。

そして、被災地支援で東北に訪れた際に感じた事を書いたgoogle

秋元康さんの目にとまり、注目される。

 

今年、ラジオで秋元さんが評していたが、咲良さんはcoolな熱さ(情熱)を持つ人。

薄情そう!と誤解されやすいが、元来、熱い人なのだ。

私がそう感じたのは、HKT48NHK紅白歌合戦に出場が決まり、リハで集まったHKTメンバーを激励する場面。

『頭振る(踊りの)ところは髪型崩れるからとか顔の映り悪くなるからとか考えずに、HKTのためを思って全力で振った方がいいと思う。「AKBとHKT?知らない、同じだね」って言われるのは出てる意味が無いから』と涙声で訴えていた。

 

『せっかく出場するのだから、HKTとして、HKTの存在をアピールしなければ意味がない』この想いは、咲良さんのテレビ出演時の根底にあり、だから憎まれるリスクがあっても『神崩し』的なキャッチーな言動をするのだ。

HKT代表で現場に行ってるのに、メディアに取り上げて貰えなければ、現場に居ないのと同じ!になってしまうから。

 

で、宮脇咲良という人を、策士とし、言動の全て、つまり100%『あざとい』と捉える人がいる。

努力&工夫の一部をあざといと思うのは勝手だが、全てを野心からくるもの!と決めつけるのは偏見で、間違いである。

 

こじはるさんがニャンニャン仮面をした年、さくさく仮面が登場したのを覚えているだろうか?

人とは違う何か工夫を。

努力の方向性が正しいか間違ってるかは人それぞれ解釈が違うと思うし、こじはるさんの事を総選挙を茶化した!と叩く人がいましたが、こじはるさんも咲良さんも自分の事だけを考えてやったのではない。

滑る事も覚悟の上で、何か話題を提供しようと奮闘した。。。

(AKBって苦労した時代があって結構、泥くさいものだったと思う)

 

 

彼女は、さっしーイズムの後継者として指原さん卒業後、頂点を目指しているのは間違いないだろう。

それは野心と言えるし、本人も上昇志向を隠そうともしない。

でも、単純に自分の目標というだけじゃなく、さっしーへの恩返し、HKTへの愛、HKTメンとしてのプライドでHKTメンがトップを引き継ぎたい!という責任感、彼女の持つ熱さでもある。

 

咲良さんがここを見る事はないだろうが、苦言を。

常にアイドルとしての理想像、完璧を目指しているように見える。

でもねぇ、それが自分自身を追い込んでるんだよねぇ。。。

まず、美しく見せる為の収録に向けた絶食。しぇからしか!の頃、さっしーが心配してたけど、今もやってるのかな???

確かに美しかったけど、心身ともにギリギリでやるのは良くない。

希望的リフレインで振りを大きくミスった事があったように、踊りとか運動とか得意じゃない。才能溢るるタイプではなく努力でカバーしてきたタイプ。

AKB&HKT両方の振り入れや雑誌取材とか体力的にも大変なんじゃないかな。

完璧にこなそうと頑張るのは凄いけど、もっとおっちょこちょいなのを自然に見せてって良いと思う。

完璧を目指してギリギリ自転車操業で頑張ってきて、ある日突然、ド派手にシデカスから『わざとらしい、あざとい、目立ちたいだけ』となるんじゃないかなぁ。

 

以下に書く事はとても残酷で書くのをためらうが・・・

初めからチャンスを沢山与えられた推されではなく、チャンスを自分で創り出してきた人であるが故に、今、その努力や必死さ貪欲さが仇となっている。

『頑張りすぎ』て色々と不自然に見えてしまうのだ。。。

 

でもね、そもそもは素朴で結構、素の部分を見せる人だと思うんだな。悲しいかな、素の部分さえも『狙ってる』『あざとい』と見られがちだけど。

 

・アイドルとして目立つ為に工夫したキャッチーな言動(鼻につく?)

・社会人としての礼儀(媚びてる?)

・元々持ってる熱いハート(嘘くさい?偽善者に見える?)

・素の子供っぽさ(狙ってる?)

 

村重さんと仲良しの咲良さん。

本当は面白い事が大好き。HKTでは、馬のマスクをかぶってふざけてた。

何でもかんでも出世の為の行動と揶揄するのは酷である。

 

そんなこんなで、自分はファンにはならないけど、嫌いじゃない。

もうちょっと見せ方を上手にして、努力がちゃんと評価されれば良いのにね、損してるなぁと思うメンバー。

無理して倒れないで欲しい。


そして、努力はきちんと報われて欲しい。

 

 

なこみく

50枚目の記念シングル、まゆちゃんの卒業シングルの選抜にHKT48田中美久ちゃんが!!

 

握手人気もしっかりあって、総選挙でもランクアップし着実に人気を集めているメンバーの初選抜は本当におめでたい☆

AKBの未来は明るい♪

 

まゆちゃんのラストシングルという意味では、矢吹奈子ちゃんがいないのは残念ではありますが、個人的にはこれで良かったと思います。

矢吹奈子ちゃんのファンの方、ごめんなさい。

 

なこみくは、ポテンシャルの高さから早くからAKB48ショーなどでも目立つ存在でした。

だから、推されてる!俺の推しは苦労してんのに、何だよっ!?と思ってしまったヲタが結構いたんじゃないかと思います。

 

なこみくは早くに注目されたからと言って手を抜く事なく、歌やダンスやトークなど努力もしています。

そして、師匠が指原氏だけに、『現場の空気をよみ、求められるものを理解して、発言する』ため、反感買う場合もあったと思います。

 

直接、ファンの方々から(HKT48の)選抜入りで文句を言われる事もあり、人気と実力を上げないと!というプレッシャーも相当あり、学業とレッスンとアイドル業をこなすのは大変だろうと思います。

本店兼任で覚える振りも多く、移動も多いですし。

 

それでも、奈子ちゃんは、昔は影の努力とか、悔しさや涙ってほとんど見せないようにしていたと思います。

美学として『アイドルとして見せるべき姿』だけを見せていたのだろうと思います。立派です。

 

でも、それで勘違いされていた。

『才能があって何でもできちゃうんだ。苦労なんてないんだ。運営から推されてるしハッピーな人生だよね』と。

 

ヲタって勝手なもんで、リア充な人からは離れていっちゃうんです。

『俺の応援なんかなくたって、大丈夫そう。』

『俺がいないとダメそうな、健気に頑張ってる娘に推し変しよう』

 

それ、浮気ですよ!?

頑張ってる姿をアピールしていないだけで、実際は心身ともにギリギリに追い込まれながら頑張っている。

膨大な仕事をほぼ完璧にこなすその姿を見れば、アピールなんてなくたって、わかるじゃないですか。

心配した仲間のHKTメンが奈子ちゃんの頑張りを伝えてくれたり、振りが覚えられない時に一緒にいてくれて教えてくれたと感謝してたり、後から知る事もあります。

 

で、先輩が注意してましたね。

もっと悔しいとかファンに気持ちを表現してった方が良いと。

結局、AKBは努力する姿や辛さや涙を見せていった方がファンがつくんでしょうね。

 

今では、鬱と言われるくらい落ち込んでいる時もあります。。。

 

でも、今回のシングルは本人の為に、選抜に選ばれなくて良かったと思う。

総選挙でランクダウンしていたし、ここで入ってしまうと、どんなに本人が頑張っていても『運営に優遇されてるだけ』と勘違いされてしまうから。

それでは長い目で見た時に損。

 

さて。今、辛い立場にあるのが松岡はなちゃん。

はなちゃんは、HKT48の新規ファン獲得の為に、馬車馬のように働いている。

はっきり言ってHKTはヤバイ。

NGTに全部もってかれる危機的状況。

もし、さっしーの卒業や咲良さんのAKB移籍なんぞがあったら。。。

さくはる、めるみお、なつまど、なこみくなど売り出してきたが、そこでファンにならなかった新規のファンを獲得していかねばならない。

そこで、今はなちゃんが酷使されている。

はなちゃんの『愛嬌』自分は好きですよ。

 

ヲタは純粋に意見を言ってるつもりかもしれませんが、1人の女性を『イジメ』ていないか、考えてネットに書き込むべきだと思いますよ。

クラスメイトや職場の人、家族から自分が同じ事を言われた時に傷つかないか?

 

自分は、悪い事すると罰が当たると教わりました。

自分の推しメンに罰が当たったら嫌だなぁ〜と自分は思います。

りのりえ

NGT48北原里英さんが卒業発表。

寂しいなぁ。。。と思ってたら、本人宛ではないものの、さっしーに報告は?みたいな呟きツイがちらほら。

 

Not yet会で卒業の事を話したって事は、つまり、さっしーやゆいはんには結構前に伝えていたって事。

 

ノイエは2人だけか。。。

時の流れを感じます(T ^ T)